家族葬費用のガイドブック
家族葬費用のガイドブック > 家族葬で気をつける事 > 葬儀後に焼香に来られた時の対応

葬儀後に焼香に来られた時の対応

家族葬をすると、葬儀後に自宅に焼香に来られる方がいます。
特に、家族葬である事を家族や近親者以外の方に知らせていない時は、
このような弔問客が増える可能性があります。

 
弔問客の中には、香典を断っているにもかかわらず、
どうしても受け取って欲しいと言って香典を渡す方もいます。
どうして、喪主の意に反して、焼香に来たり、香典を渡したりするのでしょうか。

 
このような方は、過去に喪主の家族から、香典を頂いたことがある人です。
ですから葬儀の機会に、葬儀に参列しなければならない、
また香典をお渡ししなければならないと思われているのです。

 
また、家族葬というやり方に慣れていないことも考えられます。

 
本来なら、家族や近親者のみで行う葬儀であることを、
事前に故人と関係のある人に伝えていたら良かったのでしょう。


 
喪主の意図が理解できれば、自宅に焼香に来られたり、
香典を渡しに来る人は少なくなります。

 
それでも、焼香に来られて、香典を渡す方もいるかもしれません。
その場合は、失礼のないように、いったん受け取っておきます。

 
そして、同額を別の封筒に入れて、葬儀の主旨を書いた手紙を同封して、
現金書留でお送りすれば良いでしょう。

 
そのような対応をしても、どうしても香典を受け取って欲しいと
連絡を受けたら、慈善団体に寄付させてもらうことを告げて、
その寄付金の領収書を本人に送れば良いでしょう。

 
理解してもらえると思います

 

家族葬の費用を安くするには...

葬儀レビ

 たった一度の入力で全国300社の葬儀社に見積依頼ができます。
 利用者の評判の高い実績のある葬儀社の見積が、完全無料で入手できます。
 24時間対応なので、緊急な方でも一括見積りで10分で解決します。




 

関連記事

  1. 家族葬と一般葬儀のどちらが良い?
  2. 家族葬のメリットとデメリット
  3. 会社関係者への香典返し
  4. 会葬礼状がもらえない時の対処