家族葬費用のガイドブック

家族葬とは

家族葬と言っても世間的に認められた定義はありません。
家族葬は、一般的には近親者や日頃親しくしている方を中心に
行われます。

 
現代社会は、核家族化高齢化が進んでいます。
また、核家族化で、近所と付き合いも少なくなっています。
そんな社会現象の中で、家族葬が葬儀の主流になりつつあります。

 
家族葬が執り行われるケースとしては、退職してから、
長い年月が経過しているので、会社との付き合いがなくなってしまった。
また、友人や知人も既に他界してしまった。

このような事情がある場合に、家族葬が選ばれるようです。

 
また、ゆっくりと故人を送りたい、香典の受領返礼の手間を軽くしたい、
費用を抑えたいといった、喪家の希望で家族葬が執り行われるケースもあります。

 
このように、家族葬が執り行われる理由は、さまざまです。
ですので、家族葬の形式も、さまざまです。


 
一般葬のように祭壇などはすべて準備するけど、
参加者は近親者のみにするものもあれば、
葬儀には最低限の費用しかかけずに、火葬のみ執り行うものもあります。

 
いずれにしても、家族葬は、家族だけで最後を過ごす葬儀です。
費用の多い少ないは関係ありません。

 
どのような形式であっても、厳粛で、
心のこもった温かみのあるものにしたいものです。

 

家族葬の費用を安くするには...

葬儀レビ

 たった一度の入力で全国300社の葬儀社に見積依頼ができます。
 利用者の評判の高い実績のある葬儀社の見積が、完全無料で入手できます。
 24時間対応なので、緊急な方でも一括見積りで10分で解決します。




 

関連記事

  1. 家族葬の手順
  2. 家族葬の形態
  3. 参列者の範囲
  4. 家族葬と密葬との違い
  5. 家族葬のマナーについて