家族葬費用のガイドブック

会社関係者への香典返し

家族葬にして、弔電や香典をお断りすることを連絡をしたにもかかわらず、
会社関係の方から弔電や香典を頂く場合があります。
そんな時は、どうすれば良いのでしょうか?

 
弔電や香典のお断りの連絡しているのに、
どうして?と思われる喪主の方もいると思います。

 
しかし、会社関係の方は、今後の取引関係に影響があることを考えると、
丁寧に対応した方が良いでしょう。

後日、余分なことを考えずにすむと思えば、精神的には楽です。

 
まずは、弔電ですが、弔電自社なら担当部署の訪問者を訪ねて、
軽く挨拶する
と良いでしょう。
他社の場合は、お礼の電話をすると良いでしょう。

 
最近では、メールでのお礼もありますが、
受け取る側に失礼のないような配慮が必要です。

 
次に、香典返しですが、
お返しする金額に応じてカタログで選らんでもらうやり方が多いようです。
斎場で家族葬をされたのであれば、相談すれば先方に送ってもらえます。

 
香典返しの返礼品を自分で選んでいては、非常に手がかかり、くたびれますので、
やはりカタログで選らんで頂くやり方が良いでしょう。

 
ちなみに、香典返しは、香典額の2分の1から3分の1くらいの品物を、
礼状を添えてお返しするのが一般的です。

 

家族葬の費用を安くするには...

葬儀レビ

 たった一度の入力で全国300社の葬儀社に見積依頼ができます。
 利用者の評判の高い実績のある葬儀社の見積が、完全無料で入手できます。
 24時間対応なので、緊急な方でも一括見積りで10分で解決します。




 

関連記事

  1. 家族葬と一般葬儀のどちらが良い?
  2. 家族葬のメリットとデメリット
  3. 葬儀後に焼香に来られた時の対応
  4. 会葬礼状がもらえない時の対処