家族葬費用のガイドブック

参列者の範囲

家族葬では、直系の家族(故人の父母と家を継いだ家族全員)、故人の子供家族、
故人の配偶者の父母、故人の兄弟までを、参列者と考えるのが一般的です。

 
親等で言うと、直系家族以外では2親等までではないでしょうか。

 
家族葬には、はっきりした規定がありません。
ですので、親戚に父母、配偶者、子供、孫、兄弟姉妹で家族葬を行うと伝えても、
中には「自分も出席するものだ」と考える方がいてもおかしくはありません。

 
家族葬にしようと考えた場合は、親族や近所に、家族だけで葬儀を執り行うこと、
そして必要があれば、香典は辞退することを、きちんと告知することが大切です。

 
良いと思って選んだ家族葬が、意に反して逆にトラブルを生んでしまうケースも
実際に少なくありません。
十分配慮して、主だった親族には、事前に了解を取っておくのが良いでしょう。

 
家族葬は、ごく内輪の家族で故人を送る葬儀です。
別の言い方をすると、故人と家族の者が、
ゆっくりとお別れに専念できる時間をとった葬儀だとも言えます。

 
参列者が少ないので、家族に金銭的な負担がかかります。
しかし、故人が安らかにあの世にいけるように、納得がいく送り方ができます。
家族で話し合うことで、残された家族の絆を深めることができます。

 

家族葬の費用を安くするには...

葬儀レビ

 たった一度の入力で全国300社の葬儀社に見積依頼ができます。
 利用者の評判の高い実績のある葬儀社の見積が、完全無料で入手できます。
 24時間対応なので、緊急な方でも一括見積りで10分で解決します。




 

関連記事

  1. 家族葬とは
  2. 家族葬の手順
  3. 家族葬の形態
  4. 家族葬と密葬との違い
  5. 家族葬のマナーについて