家族葬費用のガイドブック

家族葬の形態

家族葬は、小さな家族が中心となって行う葬儀という意味で
使われ始めたのが最初です。

 
近年では、家族や家族同然のお付き合いのある人が中心になって
行う葬儀の意味で使われていますが、
葬儀の「様式」や「宗教形態」をなんら規定するものではありません。

 
一般的には、故人や遺族の世帯主から見て3親等、
せいぜい4親等くらいまでの親族で行われることが多いです。
遠い親戚、ご近所、会社関係者等は、参列しません。

 
家族葬の形態は、身内だけで告別式を行う方法と
僧侶、神主、神父などの宗教者を呼んで葬儀式を行う方法があります。
どちらを選ぶかは、世帯主の裁量で決まります。

 
僧侶などの宗教者を呼ばない家族葬の告別式では、
祭壇はあまり飾らず、代わりに故人の愛用していた物、
例えば洋服、コレクター品、楽器などを飾ります。

 
また、遺影は堅苦しいものではなく、
故人の楽しいそうな様子を思い浮かべるものが使われたりします。

 
東京の場合は、3割の方が告別式だけ、
又は何もせず火葬、納骨すると言われています。

 
家族葬が選択される割合は、少なくありません。
東京に限らず、都市部では家族葬や密葬などが徐々に主流になりつつあります。

 
高齢化社会へと向かっている日本では、減少しつつある働き世代が
高齢者を支えていかなければならず、
経済的な負担は、ますます大きくなっていきます。

 
そんな経済的事情を考えると、
これから、家族葬が選択される割合はますます大きくなると予想されます。

 

家族葬の費用を安くするには...

葬儀レビ

 たった一度の入力で全国300社の葬儀社に見積依頼ができます。
 利用者の評判の高い実績のある葬儀社の見積が、完全無料で入手できます。
 24時間対応なので、緊急な方でも一括見積りで10分で解決します。




 

関連記事

  1. 家族葬とは
  2. 家族葬の手順
  3. 参列者の範囲
  4. 家族葬と密葬との違い
  5. 家族葬のマナーについて